■ゲーマータグ

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
闘技場は短かったけど、ちょっとドラマがあったな~。
 こんにちは、遠です。

 今日は久しぶりに『オブリビオン』のお話。

The Elder ScrollsIV:オブリビオン 特典 「ファミ通Xbox 360」特別編集:初めての人でも迷わないガイドブック「シロディールの歩き方」付き The Elder ScrollsIV:オブリビオン 特典 「ファミ通Xbox 360」特別編集:初めての人でも迷わないガイドブック「シロディールの歩き方」付き
Xbox 360 (2007/07/26)
スパイク

この商品の詳細を見る


 このゲーム、ホント飽きる時間ってのがないんですよね。
 とにかく、そこらに歩いてる人から聞ける噂話から宝地図見つけるきっかけになったり、武器屋に寄れば助けを請われたり、街道歩いてると名も無き洞窟を発見して潜って見れば、意外なお宝が手に入ったり・・・。
 まさに、犬も歩けば状態なわけです。
 さらに、その1つ1つがまたちょっとヒネってあるんですよね。
 「~を届けてくれ」みたいな超定番お使いクエストのように見えても、いざ行ってみると相手は行方不明、調べてみると実は・・・みたいな展開とか、普通にあるんですよ。
 そんなのが、1つの街1週する頃には2、3個は見つかるわけです。

 そんなんだから、とりあえずメインクエスト進めようと思っても、寄り道の寄り道のそのまた寄り道・・・と、なんか全く進まなかったり。
 そんなこんなで、現在66時間。
 最近ようやく全ての街を一通り訪ねたので、実績解除祭~。みたいな感じで、各ギルドクエスト進めてたりします。

 ・・・メインクエストはまだまだ先のようです。

スポンサーサイト
『オブリビオン』 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(1)
わたしのキャラ紹介~ 『オブリビオン』
 こんにちは、遠です。

 さて『オブリビオン』。
 前回キャラメイクについてお話しましたが、わたしは「ダークエルフ」「魔術師座」「カスタムクラス(暗黒騎士と命名)」で作成しました。
 チョイスしたスキルは、「刀剣」「破壊魔法」「回復魔法」「軽装」「運動」「錬金術」「話術」。
 『FF』でいう赤魔道師より若干魔法よりで、素早さも高い、という感じです。
 今ではなぜか、馬いらずの素早さ至上主義キャラになってしまいましたが…。

 ですので、スキルも物理攻撃、魔法、移動を中心に取ったのですが、防御スキルを取らなかったのは失敗でした。
 防御は、緊急回避がないこのゲームでは非常に重要でして、物理攻撃メインでも魔法メインでも有効です。特に軽装だと、防御してても削り殺されることも多いですし。
 防御の本領が発揮されるのは、ダメージ完全防御がつくスキルレベル50からなんですが、メジャースキル(キャラメイクで選んだスキル)でないとここまで上げるのはなかなか大変なんですよね。
 あと、関連して鍛冶スキルも欲しいです。
 オブリビオンの世界に行くと、とにかく広いし敵いぱーいですから、防具が全部壊されちゃいます。
 そういった時にいつでも直せるスキルがあると非常に助かりますね。
 スキルが上がると魔法の武具が直せるって点もポイント高いですし。

 まぁ、若干スキル選択間違えた気がしないでもないですが、やっぱりこれだけ長い間プレイしてると、なんだかんだ言っても気に入ってたりもします。

『オブリビオン』 | 20:37:05 | Trackback(0) | Comments(2)
最初の関門ですね。 『オブリビオン』
 こんにちは、遠です。

 さて、昨日に引き続き『オブリビオン』のキャラメイキングについてですが、なんといっても一番の特徴はフェイスメイキングです。
 顔の大きさ、長さ、幅から額の広さ、目の位置、傾き、眉間の深さ、鼻の高さ、唇の突起、顎の出っ張り、などなど、とにかくありえない項目数で、キャラメイクしてるとゆ~より3D作成ツールで顔作ってる感じ。
 しかし…何故かどう頑張ってもイカツイ顔しか作れない不思議。
 歳なんて、上は80、下は40みたいな。世界的な流行りなんでしょうか。高齢化って。

 そんなわけで、キャラ作成するだけでも十分楽しめる、ってゆ~かめちゃ時間かかります。
 まぁ、スキルが一通り試せるチュートリアルクエスト終了後に、一度だけすべての項目を変更できるチャンスがあるので、まず最初はテキトーな万能キャラ作成して、いろいろ試すといいんじゃないでしょうか。

 ちなみにわたしは、チュートリアル終えるまで2時間、その後5時間進めてからキャラが気に入らず、結局また最初からやり直し、なんてやってました…。

『オブリビオン』 | 20:43:14 | Trackback(0) | Comments(4)
あぁ、話し出すと止められない止まらない。 『オブリビオン』
 こんにちは、遠です。

 『オブリビオン』を始めると、まず迷うのがキャラメイキング。最初の何も分からない状態で、種族・星座・クラスを決めなければなりません。
 しかも、このどれもがかなりクセが強いため、選ぶのに非常に困っちゃうわけです。

 種族は、よくある万能型の人間のような種族はないにも関わらず、エルフだけで3種類あったり、やたらとリアルなオークやトラやトカゲなどいたり、色んな意味でバラエティーに富んでたりします。
 正直、これは能力値よりも見た目の好みで決めちゃっていいと思います。パラメータ的にも他でフォロー可能ですし、長い間付き合うことになるわけですしね。

 星座は、いわゆる能力ボーナスですね。大きく分けて、純粋に能力値アップと、1日一回だけ使える必殺技があります。
 これもまた迷うとこですが、わたし的には必殺技はあんまり使えるのはないよ~な…。
 特殊なものに、マジカ(MPのこと)自動回復しないかわりに相手の魔法を吸収、なんて能力もあり、これは魔法耐性低い種族や戦士系キャラには非常に魅力的だと思います。錬金術スキルが上がれば、マジカ回復薬なんていくらでもできちゃいますし。

 クラスは、要は自分の得意スキルを決定するだけなので、戦士や魔術師などいろいろ用意はされていますが、これはもうカスタムクラス1択でしょう。
 重装or軽装、刀剣or打撃or格闘、それ以外はお好みで、という感じでしょうか。

 そして極めつけ、フェイスメイキング!
 ってとこで、さすがに長くなりすぎたので続きはまた次回に。

 …いつ始まるんだろう、日記は。


『オブリビオン』 | 20:21:21 | Trackback(0) | Comments(2)
まずは成長について 『オブリビオン』
 こんにちは、遠です。

 昨日書きました『オブリビオン』の紹介ですが、"FPSライクな1人用MMORPG"の間違いでした。ちょっとの違いでもだいぶ意味変わってきちゃいますよね。すみませんでした。

 さて、今日も『オブリビオン』のお話。
 現在わたしはレベル17、メインの物語も中盤戦に入り、いよいよ盛り上がってきましたが、この辺で一旦未開拓の地域を探索しとこうか、ギルドの依頼こなしとこうか、などいろいろ食指が動いてるとこです。

 このゲームは、こういった自由度の高さが大きなウリの一つなのですが、それゆえ同じダンジョンでも自分のレベルに合わせて敵もどんどん強くなっていきます。
 なので、極端な話、レベル1のままゲームを進めるのもあり(このゲームはベッドで寝ないとレベルが上がらないので、いつまでもレベル1ってのも可能)、というかむしろレベルを上げれば上げるほど難度が高くなると言われているんですよね。
 「それじゃ、レベル上げる意味ないじゃん」って声も聞こえてきそうですが、それもまた少し違います。
 このゲームの成長要素はレベルとスキルの2種類あり、スキルはレベルに関係なく相応の動作(敵を斬る、走る、など)を行うことで勝手にガンガン上がっていきます。ですが、そのスキルの基礎となる能力値はレベルが上がらないと増えないのです。
 いくら剣の扱いが上手くなっても、筋力がなければ大ダメージは与えられないってことですね。
 なので、キャラクターの成長と、それに見合う強力な武具(武具の出現もレベル依存)を望むなら、レベルを上げる必要があるわけです。
 まぁ、戦闘がキツくなるといっても、いつでも難易度調整できちゃいますし、そこはあんまり気にせず好きなようにプレイするのが一番正解だと思います。

 長くなったので、今日はこの辺で。
 …なんか成長システムの紹介で終わっちゃいましたね…。

『オブリビオン』 | 20:04:21 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。