■ゲーマータグ

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
躍進してる今こそ、気合を入れて欲しいな、と。 『東京ゲームショウ2007』
 こんにちは、遠です。

 さて、今日もゲームショウの話題です。
 ちょっと面白い記事がワイアードに掲載されてましたので、それを紹介します。

  『東京ゲームショウ2007』:真の主役は任天堂(WIRED)

 外国人記者から見たゲームショウを、ちょっぴり辛口でお送りしてるとこが、いかにもワイアードって感じです。
 しかし、「超満員になった一般公開日でさえ、ソニーのブースでは『白騎士物語』以外に人の列は見られなかった。」とあるってことは、その超満員の人の群れのお目当てって、イベントや配布物だったんでしょうかね。

 それはともかく、やっぱり気になる任天堂は、この記事で語られているように、本当に今後もゲームショウには出てこないんでしょうか?
 任天堂が前々から気にしているライバルといえば、携帯電話です。
 それが、タイトル数だけで言えば、ゲームショウ出展数の半分を占めるようになったわけです。
 となれば、実質覇権を握った今こそゲームショウで主役として出展し、モバイル群に牽制をかけるべきだと思うんですけどね。
 タイミングのいいことに、今年からE3にかける予算がほぼ丸々余っているわけですし。
 というわけで、わたし的には任天堂は、来年も同じような地位にいた場合、ゲームショウに出展もそうありえない話ではないとは思っています。

 独自イベントもいいですけど、一同の場に全てのハードが集まるお祭りってのも、やっぱりやって欲しいと思いますしね。


スポンサーサイト
ゲームニュース | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。