■ゲーマータグ

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やっぱりあの会社にとって、ネットゲーは鬼門ですね~。『ドラゴンクエスト9』
ども、遠です。

や~、よ~やく『ドラクエ9』クリアしました。
とても面白かったっ!
後半、なんとなく『ドラクエ4』的なアレが気になったりもしましたが、そこはそれ、RPGはやっぱり会話でつむぐ物語ですから、そこがしっかりしているとお話は盛り上がる、という典型ですね。
あらすじではけして見えない、独特のセリフ回しで、今回も「王道」のど真ん中貫いています。
この安定感、さすがです。

さて、クリアしたので、ネット上の攻略情報全開である種の”答え合わせ”してたりもするのですが、このゲームはクリア後がかなり充実しているようで、つまりは『不思議のダンジョン』モードに突入するそうですね。

なるほど、今までのドラクエに比べたらクリア時間的にずいぶん短いと思ったけど、そ~ゆ~ことだったんですね。
システム的に、1人でいくらでもスキルを持たせることが出来るから、クリア後は敵(ボス含めて)も自分もがんがん強さのインフレ化が増すようで。
まぁ、もともとネットゲーの予定でしたから、クリアしてからがネットゲーとして本領発揮される部分だったんだろ~なぁ。

出現するモンスターや宝物、ダンジョン構成をランダムに生成し、それを「宝の地図」として固定。そのダンジョンをクリアする(ボスを倒す)と、再度上記のルーレットが回り、新たな「宝の地図」が出現。
また、当然プレイヤーごとに違う「宝の地図」が生成されるため、レアアイテムが出現する地図や、レベル上げに最適な地図などを持っているプレイヤー自体を探すのも、楽しみの1つとなります。

自動生成ダンジョンも、ある意味レベルファイブのお家芸的なものがあるので、今回も内容的に質が高そうですし。
(たしか、レベルファイブの1作目『ダーククラウド』から続くすべてのRPGで、何らかの形で自動生成ダンジョンを採用していたかと思います)

この仕掛け、とてもよくできているのですが、残念なことに結局はWi-Fi非対応ですからね。あぁ、もったいない。
レベルファイブって、初回作から技術力自体は高く評価されてるのですが、XBOXの『TFLO』の件といい、どうもネットワークが鬼門みたいですね。
まぁ、次回作はWiiで制作だそうですし、この辺は次回作こそ乗り越えてほしい壁、ですね。
スポンサーサイト


テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

ゲームタイトル紹介 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。